パチンコの止め打ちの効果とは?! 一日の止め打ちで得する額は・・・

パチンコの止め打ちについて
解説します。

勘違いしないでほしいのは
パチンコの止め打ちと言っても
そんな難しいことはやりません。

初心者でも今すぐできて
効果抜群のものが多数あるので
是非、マスターしてください。

むしろこの止め打ちを完璧にやれば・・・

勝つための超基本 止め打ちとは何か?

止め打ち…パチンコ玉の発射を意図的にとめること

よく、止め打ちができません!
って言いますが・・・

一口に止め打ちと言っても
その内容は様々です。

例えばリーチがかかってる時に
打ち出しを止めるのだって
止め打ちの1つです。

ハンドルをコネコネしたり、

1発ずつ打つような
ワンツー固めなどの特殊な打ち方もありますが、

それはもっとあとの話です。

そういった目立つ打ち方は
いろいろなリスクも伴います。

ここでは基礎の基礎、

海の島にいるマダムたちも
実践している止め打ちもあるんだよ

ってことを覚えましょう。

止め打ちのやり方

止め打ちのやり方としては、

①ハンドルから手を離す
②ストップボタンを使う

このどちらかで実践します。

パチンコは1分間に
100発の玉が発射されるので、

1秒あたりおよそ1.7発、

お金で言えば

1.7玉×4円=6.8(約7円)

使うことになります。

逆の言い方をすれば

1秒間玉の発射を止めれば7円、
100秒発射を止めれば700円、
1000秒(約17分)なら7000円、

ものお金を節約できるのです。

つまりパチンコで勝つということは

止め打ちをすることによって
本来パチンコ屋に回収されるはずだった
玉が手元に残り、

それを積み重ねることで
勝ち額を上乗せする仕組み

でもあるのです。

ちょっと考えてみてください。

普段の生活で7000円節約するって
どうですか?

1ヶ月の生活費を7000円削るのも
相当な労力が必要ですよね。

世の中の奥さんたちに
毎月7000円節約しなさい!

ってお願いしたら
大ブーイングでしょう。

だけどパチンコならたった17分
玉を止める時間を作るだけで
そのお金が節約できるのです。

こうした理屈を知ってしまうと
止め打ちをやらない理由はないですよね。

節約した金額=勝ち額の上乗せ!

パチンコの勝ち方の原点は
ここにあるわけです。

止め打ちしたら回らない?

止め打ちすれば使うお金が減って
儲かるということは分かったけど、

玉を止めたらいつまでたっても
液晶が回らないから、
当たらないじゃないか!

そう思う人もいると思います。

確かに玉を借りてボーッとしていても、
玉の節約にはなりますが
大当たりはしないですね。

そもそも打たなきゃ
節約とは言わないですし。

ですので…

遊戯している途中、
玉を止める場面が来たときだけ
止め打ちをすればいい

わけです。

止め打ちは1秒以下の間隔で行う場合から
数分間に渡ってやるものまで幅広くあります。

もちろん細かい止め打ちは
高度なテクニックが必要ですが、

そんなことをしなくても
パチンコで勝つことはできるので
安心してください。

最初は大胆に止め打ちを覚え、
徐々に頻度をあげていけば問題ありません。

今の時代は新台入れ替えが早いので
ちょっとお店に行かなかったりすると
知らない台ばかりです。

さすがのパチプロも
打ったことがない台の止め打ちを
最初から完璧にできる人なんて
いません
からね。

難しく考えず

できることを確実にやる、

これが一番大切です。

次回は具体的な止め打ちの方法について
解説していきます。

↓正攻法じゃないネタ打ち・攻略打ちも紹介してるので興味があればみてください↓

ネタ・攻略打ちを特集

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。