ヘソ釘とジャンプ釘

今回はパチンコの命ヘソ釘とジャンプ釘に
ついて解説します。

パチンコの釘読みをよく知らない人でも、
ヘソの大きさくらいは確認したことは
あると思いますが、

ここではポイントを理解して、
ヘソに玉が入りやすい調整について
考えてみましょう。

パチンコ釘の見方【命(ヘソ)釘とジャンプ釘編】

ヘソ釘といえば

ヘソの上に2本刺さっている釘が
開いているほど良い、

といったイメージが
あると思います。

もちろんそれはその通りなのですが、
実はヘソが開いてなくても
よく回る台は存在
するし、

逆にヘソががっつり
開いているように見えても
実際に打ってみると
全く回らない台も多く存在
します。

その理由の1つにジャンプ釘という釘が
重要な役割を果たしています。

そして道釘を含めて、
合計3本の釘で逆三角形を作り
玉の流れを左右しているのです。

今回、注目すべきポイントは、

釘と釘の間を通すのではなく、
玉をジャンプさせて
ヘソに届かせなければならない

ということです。

つまり道釘をA、左側の命釘をB、
ジャンプ釘をCとするならば、

通ってほしくない場所は
AC間とBC間となります。

今までは両サイドのどちらかに
玉を流したかったわけですが、

今回は玉を上に上げなくてはならないので、
注目すべきはジャンプ釘になります。

ジャンプ釘が下げられていると、
命釘との間隔が広がり、
ヘソの入り口がかなり遠くなります。

すると流れてきた玉は命釘、
もしくはヘソチャッカ―にぶつかりながら
BC間へどんどんと落下してしまい、

ヘソが開いているのに回らない
といった現象が発生するわけです。

釘読みを知らない人は命釘を見る際、

ヘソの大きさばかりを
見てしまいがちですが、

大切なのはジャンプ釘ですので、
ここが下げられていないかは
必ず確認が必要ですね。

騙し釘について

騙し釘とは、
命釘が途中から捻じ曲げられていて、

パッと見はヘソが大きく見える
いつわりの釘調整のことです。

等価店で釘が広いけど
回らないといったお店は、

このような調整になっている
可能性もあるので注意が必要です。

命釘の段差について

命釘に段差があると、
回転率が落ちる原因
なることがあります。

玉は基本的に左側から流れてくるので、
左側の釘の方が高くなっていると
回転率が落ちます。

一方、右側の命釘の方が上がっていると、

これらも玉の流れを考えると、
納得できると思います。

ヘソは見ていたけど、
段差なんて意識したことがなかった。

そういう人は数えきれないほどいます。

それもそもはず。

パチプロの人が勝てるのは、
こういった情報を知っているからです。

知っていれば、
今まで見えなかった何かが
見えてくるものです。

逆に知らないと
目の前に出された同じ手品に
何度も騙され続けてしまいます。

そして本来、
使わなくてよかったお金を
回らない台にどんどん使ってしまい、

気がついた頃には
試し打ちの数千円が
何万円もの負債
となって
降りかかってくるのです。

パチンコの釘は見るのは無料です。

つまり、
きちんとした情報を知っていれば
打たずに危険を回避できるわけです

そう考えると知識のない人が
勝てればいいなーと思いながら、

ふらふらっとパチンコ屋行って
勝ち続けることがどれ程難しく、

無謀なことなのかも
分かってもらえると思います。

PS.

命釘は基本、
上げ調整の方がいいのですが、
上げすぎには注意が必要です。

上の写真は例によって、
ゲーセンで取った写真ですが、
ヘソが開いて超上げ調整でした!

さすが、ゲーセン、良釘台だわ!

なんて思ったあなたは注意が必要です。

この台、ためしに打ってみたら全く
回りませんでした(^_^;)

理由は

道釘からヘソに玉が乗っからず、
ほとんどの玉が命釘にぶつかって落下した

から。

9割がワープからの入賞だったので、
どれだけワープに玉を通せるかって
ゲームでした(笑)

知っていれば玉の流れを見ただけで
すぐに問題点が見つけられるのですが、

知らないと
これだけヘソが開いてるんだから回るはず!

と勘違いして、
どんどんお金を入れてしまうわけです。

そうした失敗を避けるには
玉がどういった動きをしているか
きちんと見極める必要があります。

玉の流れをイメージすれば
おのずと答えは導き出せるので、

1つ1つのポイントを
確実に押さえましょう。

↓正攻法じゃないネタ打ち・攻略打ちも紹介してるので興味があればみてください↓

ネタ・攻略打ちを特集

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。