鎧釘編

今回はパチンコの鎧釘と呼ばれる
部分について解説します。

基本的にばら釘と同じで
へそに向かうか死に玉になるか
といった振り分けを行う場所です。

風車を含めて釘を読むので
知らない人は多いですね。

ってそもそも風車が釘だって
知ってましたか?

パチンコ釘の見方【鎧釘】

鎧釘とは風車を含めた部分
全体のことを言います。

パチンコ釘の見方【鎧釘】

ここでもまずは逆三角形を
探してみてください。

見つかりましたか?

ちょっと分かりにくかったかも知れませんが、
風車も釘なんですね。

釘に風車を付けてるってイメージです。

それを踏まえて考えると

パチンコ釘の見方【鎧釘】

ここに逆三角形がありました。

ここでは玉を左右に振り分けますが、
当然ながら左に行く玉はすべて死に玉です。

だから右に玉を流すために
どうするかを考えてみましょう。

パチンコ釘の見方!勝つために釘の見方を覚える【鎧釘編】

パチンコの釘講座を
最初から読んでみた人は
そろそろパチンコ釘の見方が
分かってきたのではないでしょうか?

ここではマイナス調整のパターンを
3つほど載せておきました(上図)。

共通するのはAC間とBC間、
どちらに流れやすいか
(大きく開いているか)です。

(いつも通り左上釘A、右上釘B、風車釘C)

特にAとBの釘が叩かれやすいので、
そこに着目します。

A釘の場合は、
上か左に打たれるとマイナス調整
下か右に打たれるとプラス調整

一方、B釘の場合は
下か左に打たれるとマイナス調整
上か右に打たれるとプラス調整

そしてC釘(風車釘)
右に打たれるとマイナス調整
左に打たれるとプラス調整

これが基本的な調整方法ですね。

ただし釘の調整方法は
1本だけ変えるわけではなく、
2本セットで変える場合もあります。

例えばA釘を上にあげて
B釘を下に下げれば、

AC間が大きく開くため、
超マイナス調整になってしまいます。

もちろん逆パターンもあるのですが、
そんなお店は稀なので、

まずは疑ってかかったほうが
無難だと思います。

鎧釘はマイナスだと玉がヘソに向かわず
回転率に大きな影響を及ぼすので、
店側も叩いていることが多い場所です。

打つ前に確認してみてください。

P.S

パチンコ初心者向け!勝つために釘の見方を覚える【鎧釘編】

上の写真はゲーセンで撮った
別の機種の寄り釘です。

どう見えますか?

A釘が下、B釘が上、C釘が左方向に叩かれて
いるのが分かると思います。

これは鬼プラス調整ですね(笑)

実際に打ってみましたが、
ほとんどの玉が右に流れていきました。

ゲーセンの釘はかなり露骨にいじられて
いることが多いので
釘読みの練習には最適です。

↓正攻法じゃないネタ打ち・攻略打ちも紹介してるので興味があればみてください↓

ネタ・攻略打ちを特集

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。