パチンコの交換率ってどう計算するの!?

パチンコやパチスロには

『交換率(換金率)』

というものが、存在します。

例えば4円パチンコの場合、
玉を借りるときは1玉4円ですが、
特殊景品と交換する場合は
1玉4円ではない場合が多く存在します。

これを知っていないと
遊戯が終わってお金に換えたとき、

『自分が予想していたお金より少なかった』

なんてことにもなってしまうので、
きちんと理解しておきましょう。

自分の通っているホールの交換率は知っていますか?

パチンコは法律上の問題で
直接お金との交換は出来ません。

そのため特殊景品という景品に交換してから
お金に換えてもらいます。

交換率とは玉を特殊景品に換える際、

『100円の特殊景品をもらうのに何玉必要か?』

ということです。

例えば100円分の玉(100÷4=25玉)を借りたとき、
4円交換(等価交換)であれば

『4円×25玉 = 100円』

となりそのまま100円が手元に戻ってきます。

しかし3円交換の場合、
借りる時は1玉4円の価値なので
4円×25玉=100円で変わりませんが、

特殊景品に換えるときは
1玉3円の価値になってしまうため

『3円×25玉 = 75 円』

にしかならないのです。

もし、100円分の特殊景品が欲しいのであれば、

100円÷3円=約33玉

必要になってしまいます。

つまり100円につき8発ほど多く出さないと
収入面ではマイナスになってしまいます。

この分の差玉は、お店への手数料として
持っていかれてしまうのです。

交換率はお店が独自に決められるので、
手数料はそのお店によって様々です。

少なくとも自分の通える範囲のお店の
交換率ぐらいは確認しておきましょう。

パチンコの交換率一覧

出玉を100円の特殊景品に交換する際、
何玉必要なのかをまとめてみました。

25玉 = 4.00 円(等価)
26玉 = 3.85 円
27玉 = 3.70 円
28玉 = 3.57 円
29玉 = 3.45 円
30玉 = 3.33 円
31玉 = 3.23 円
32玉 = 3.13 円
33玉 = 3.03 円
34玉 = 2.94 円
35玉 = 2.86 円
36玉 = 2.78 円
37玉 = 2.70 円
38玉 = 2.63 円
39玉 = 2.56 円
40玉 = 2.50 円

例えば33玉であれば

『100円特殊景品と交換するのに33玉必要ですよ』

ということですから、

『100÷33=3.03』

つまり、この店は3円交換ということになりますね。

やけに釘が開いていて、よく回るなぁー

などといったお店は、交換率が低めに設定されている
場合が多いので注意が必要
です。

ちなみに1円パチンコの場合も同様に

『100円の特殊景品と交換するのに何玉必要か?』

を考えれば交換率が出せるので、
打つ方は計算してみてください。

125発で100円であれば

『100÷125=0.8 円交換』

って感じです。

交換率は直接お金にか変わってくる部分なので、
必ず打つ前に確認しておきましょう

↓正攻法じゃないネタ打ち・攻略打ちも紹介してるので興味があればみてください↓

ネタ・攻略打ちを特集

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。