パチンコで勝つために考え続けたたった1つのこと

マインドコントロール()記事ばっかりになってきましたね

あなたが何の知識も知らず
とりあえず回るから打ってみよう

そう思って打ってる台の大半は
期待値がマイナスの台です。

つまり打てば打つほど負債は増え、
負け続けてしまう
ということです。

僕が負けている状態から抜け出した時
たった1つだけ意識し続けたことがあります。

それは、

1円でもいいから期待値プラスの台を
打ち続けてみる

ということでした。

最初は期待値を見つける台を
探すことすら困難ですが、

きっかけさえ掴むことができれば
安定して見つけられるようになります。

そして期待値の出る台を
見つけられるようになったら、

回転単価5円(通常時を1回転回すと5円増える)
程度でも技術レベルが向上すれば10円とかまで
跳ねあがったりします。

パチンコは平均すると1時間で
200回前後回すことができるので、

回転単価10円であれば
時給2000円ということになります。

ただ気を付けてほしいのは
期待値がプラスであれば負けない、
というのは確かにそうなのですが、

それはあくまでも
長期的に見た場合です。

回転単価1円、2円、だと
短期間で安定して勝つのは難しいです。

期待値が低いと収支の波が荒れ、
勝率の低下に繋がります。

メンタル的にも不安な状態が続き
最悪、期待値なんてオカルトだ!といって
立ち回りが乱れてしまうかもしれません。

ですので以下の手順を守りましょう。

①期待値1円以上の台をとにかく見つける
②技術レベルを向上させて期待値を上げる。

この繰り返しを徹底的に意識してください。

できれば勝てるし、
できなければ負けます。

パチンコで勝つか負けるかは
突き詰めていくとすごく論理的で、
とても単純な話なんですね。

ちなみに期待値(回転単価)は
上がれば上がるほど良いのですが、

狙いを高くし過ぎると
打てる台が少なくなり過ぎてしまい
逆に稼げないことに繋がります。

昔は日当5万円(回転単価20円程度)の台も
見つけられましたが今は難しいです。

日当3万円の台を見つけれれれば
かなりの優良台と考えておきましょう。

狙い目としては狙い台を複数作るという意味で
日当2万円(回転単価10円超)程度を見つけたら
きっちり打ち切りましょう
、という感じです。

じゃあもし、
期待値1万円(回転単価5円)の台が
目の前にあったらどうすればいいか?

①他の候補台を探して稼働時間を削る
②確実に期待値を稼ぐために打つ

これはケースバイケースとなりますが
初心者であれば打ってみてもいいでしょう。

1つの機種を打ち込むことで
止め打ちなどのテクニックが向上し、

期待値アップにつなげることは
パチンコで勝つための基本ですからね。

あれこれ迷い続けて稼働時間を減らし、
結局打たずに終わってしまっては
時間の浪費でしかありません。

学んで、打って、考察して、
また打って、考察して・・・

これを繰り返せば
必ず勝てるようになるでしょう。

ちなみに打つと決めたのであれば
メンタル(思考)には気を付けてください。

期待値を深く理解していないと
負けが続くだけで立ち回りが乱れ、
感情論<に走ってしまいますので。

感情論は冷静さを失わせ
勝機のない運勝負に身を任せ、

仮に一発逆転できたとしても
次回も同様の行動を繰り返し、

最終的には
全額回収されてしまうのです。

そういう考えも含め、
期待値2万円(回転単価10円)
1つの目安として立ち回ってみてください。

それと甘デジとMAXタイプの期待値では
確率の収束にかかる時間が違うので、

甘デジの方が圧倒的に
勝率の高い勝負ができます。

しかし、ほとんどのお店は甘デジの台数が少なく
メインでは扱っていないため、

現実的に拾いやすいのは
ミドルタイプ以上の機種かなと思います。

期待値のある台の見つけ方

期待値のある台を打てば勝てる
というのは分かったけど、

一体どうやってそんな台を
見つけたらいいのですか?

こんな質問をよくもらいますので
ちょっと解説しておこうと思います。

パチスロを打ったことのある人は
ハイエナって聞いたことありますよね?

一言で言えば当たりやすいゾーンの前で
何も知らないおじさんたちがやめていった台を
少ない投資で当ててしまうという立ち回りです。

ハイエナというとパチスロのイメージが強く
パチンコで実践している人はほとんどいませんが、

実はここが期待値のある台を見つけるための
盲点でもあるのです。

期待値のある台が分からなければ、
データを頼りに台を選びましょう。

スポンサーリンク

1つの例

・パチプロっぽい人が打ってる台をメモしておく・大当たり回数ではなく総回転数に注目、
回転数の多い台(2000回転以上とか)の台を
メモする。

この2つを意識するだけで
期待値のある台に辿り着く可能性は
大幅に向上します!

パチスロのハイエナと違うところは、

パチンコは上手い人(パチプロ)のハイエナ

をします。

パチプロの打つ台=勝てる台
といった考えを逆手に取り、
その台を打って勉強するってことです。

パチプロはパチンコで飯を食ってるわけですから
パチプロを見つける=勝てる台を見つける
ことと同じ意味を持つのです。

そうなると大事になってくるのが、
どんな人がパチプロかを見抜く方法ですよね。

  • 毎日ホールで見かける
  • 同じ台で夜まで粘ってることが多い
  • 大当たり中、電サポ中に止め打ちや捻り打ちをやっている
  • 一人でいて、同じ服装でいることが多い
  • 耳栓、イヤホン、玉カップといった備品を持ってる
  • スマホを見たり、当たるたびにメモをしている

こんな感じです。

自分が負けている状態だとパチプロを
見抜くのって難しかったりするのですが、

ちゃんと意識して探してみると
意外と分かったりします。

特に毎日同じ服装でホールに来て、
黙々と打ってる人はプロの可能性が
高いですね(個人的主観)

パチプロを見つけ、
パチプロ行動を観察すれば
自然と勝ち組への道は近くなります。

パチプロが打ってる台

=良台の可能性が高い

=勝てるお店

の可能性が高いからです。

パチプロである以上、
生活がかかっているわけですから、
何かしらの根拠を持って打つわけです。

もちろん細かい理由まで
知ることができませんが、

1つ確かなことは
その台を1日打てば日当が出る
ということです。

だからその台をメモしておき、
プロがやめた後や翌日に打ってみる
というわけです。

よく回るのか、
出玉が多いのか、
玉が増えやすいのか、

そうした部分に注目しながら
データを取るために打ってみると、

言葉には言い表せない手応えを
感じることもたくさんありました。

ただ注意しなければいけないのは、
パチプロは技術介入を使って
日当を出す人が結構います。

さらに翌日だと
釘が締められることもあるので
100%通用する方法ではありませんが、

それでも何も考えず台を選ぶよりも
はるかに高い確率で優良台に座れるはずです。

もし、プロが見つからない場合は
仕事帰りなど平日の夕方にホールへ行き、

回転数がたくさんついている台
探してみてください。

例えば、

大当たり10回で総回転数が3000回

といったデータの台があったとすると、

その台は今日は出なかったけど、
良く回るから粘っていた可能性が高い、

こう考えることができます。

逆に大当たり20回で総回転数が500回

とかしか回っていなければ、

試し打ちかなんかで当たり
即やめした可能性が高い、

といった形で予想することができます。

即やめするということは

1000円で数回しか回らなかった、
大当たり中の玉が少なかったり、
電サポ中に玉が減ったりと、

ぼったくり台の可能性が高いですからね。

これにイベントなどを絡めると
さらに精度は上がります。

今は大々的なイベントは禁止されていますが
お店によっては芸能人やライターを呼んだり、

メールの文章を変えるなど、
こっそりと告知するお店もあったりするので
注目してみるといいでしょう。

あとは毎日打つと釘が閉まるから、
毎月決まった日だけ決めた台を打つ
パチプロも結構います。

いろんなお店を巡回しながら
稼いでいるってことです。

この辺りの情報をチェックするだけでも
パチンコの勝率はぐっと高まるはずです。

ただそうは言っても
あまり露骨にハイエナをすると、

相手側との思わぬトラブル
巻き込まれる可能性もあります。

向こうもプロですから
同業者の動きについては
目を凝らしていますからね。

相手に迷惑がかからないよう
上手く立ち回っていきましょう。

こんな感じでパチンコは
データを数字で管理し、

期待値がプラスの台だけを打つようにすれば
確実に稼げるようになるのです。

↓正攻法じゃないネタ打ち・攻略打ちも紹介してるので興味があればみてください↓

ネタ・攻略打ちを特集

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。