パチンコのやり方 遊戯方法から現金交換まで

パチンコをやってみたいけど
やり方がよく分からない。

そんな感情を持つ人も
たくさんいると思います。

僕はすっかり忘れてしまった感情ですが、
一度もパチンコホールに入ったことがない
人にとっては抵抗のある場所だったりします。

昔はパンチパーマのおじさんたちが
いたりしましたが、

今のパチンコホールは
全く持ってそんな感じではなく、

むしろキャ〇クラみたいな店員さんが
いるお店も普通にあります。

接客もここ10年でかなり良くなったし、
サービスの質は間違いなく向上してると
思いますね。

パチンコ初心者用 パチンコのやり方について

★最初のお店選び

さて、早速ですがパチンコを副業とするからには
まず、パチンコ屋行かなくてはなりません。

お店の選び方はいろいろありますが、
最初は何も分からないと思うので
好きなお店に行けばOKです。

あ、でもあまりお客さんがいないホールだと、
店員からの視線を浴びて緊張するかも

★機種選び

ホールに入るとパチンコ台やパチスロ台が
ずらっと並んでいると思うので、

その中から好きな台に座って構いません。

もちろん荷物や玉が置いてある台は
他のお客さんがトイレとかに行って
たまたま席を離れているだけです。

なので打ってはいけません

これからパチンコで勝ちたいと思うなら
まずは1円パチンコで経験を積んだ方が
いいのかなって思います。

パチンコがどんなものかを知らないと、
勝てるわけもないので。

お金に余裕にない人は、
ゲームセンターで打ってみることを
お勧めします。

パチンコ屋とは違って
多くの台がプラス調整なので
釘読みや止め打ちの練習に最適です。

台に座ったらお金を入れて、玉貸しボタンを押す

台に座ると左側にサンドと呼ばれる、
お金を入れる場所があると思うので、
そこにお金を入れてください。

パチンコのやり方サンド

そうすると台のどこかに
『10』とか『100』といった
数字が出る場所があると思います。

それはお金の残高を示していて、
10だと残り1000円、
75だと残り7,500円ってことですね。

その表示の近くにある貸し玉ボタンを押すと、
普通は500円分の玉(125玉)が払い出されます。

パチンコのやり方玉貸し

いよいよパチンコ開始!ハンドルを捻ってみよう!

貸し玉ボタンを押して玉が出てきたら、
ハンドルを握って玉を打ってみましょう。

パチンコ玉は1分間で最大100発
打ち出されるので、
バンバン飛んでいきます。

最初はあっという間に500円分の玉が
無くなってしまうと思いますが、

それも徐々に慣れてくるので
経験を積んでください。

★最初に狙うべきは台の真ん中にある穴

パチンコ台が大当たりする前は、
ヘソと呼ばれる入賞口に
玉を入れることが目的となります。

パチンコのやり方へそ

まるで囲った部分に玉が入ると、
液晶の画面が回る仕組みになっています。

最初はとにかくこのヘソ部分に玉を
入れることがスタートになりますので
ここを狙ってください。

と、よく書いてあるのですが、

実際ここをダイレクトに狙うなんてことは
無理な話なので、

最初は普通に打っていれば問題ないです。

★大当たりしたら

図柄が三つそろったら、
アタッカーと呼ばれる
大当たりの時にしか開かない場所に
どんどん玉を入れていきます。

パチンコのやり方アタッカー

ここに入るとたくさんの玉が出てくるので、
楽しい時間ですね♪

アタッカーは機種によってバラバラ、

かつ、大当たりの種類によって
開く場所が違う台もあるので、

開いた場所を確認してから
打つようにしましょう。

★大当たり終了後は確変か時短に突入します

一部の台を除いて
ほとんどの台は大当たりが終わると
画面の色が変わって、
図柄の停止も早くなります。

これは電チューサポート(電サポ)状態と言って、
電チューに玉が入ると、
図柄が回る状態になります。

パチンコのやり方電チュースルー

電チューが開くためには
スルーと呼ばれるところに
玉を通さなければいけないのですが、

とりあえず
普通に打っていれば問題ないです。

ちなみに電サポ中に
席を離れることは厳禁で、

必ず通常時の状態になるまで
打つようにしましょう。

★電サポ状態が終了したらコールボタンを押して店員さんを呼ぶ

電サポ状態が終了すると
通常時の画面に戻るので、

続けたい人は続ければいいし、
やめたい人は台の上にある
コールボタンを押して
店員さんを呼びましょう。

パチンコのやり方呼び出しランプ

そうすると店員さんが来て、

『交換でよろしいですか?』

みたいなことを言ってくれるので、

『はい』

と言えば玉を運んでくれます。

★ジェットカウンターで玉を流し、景品カウンターへ

玉を運んだ先には、
ジェットカウンターと呼ばれるものがあって、
そこで出た玉数を調べてくれます。

計測が終わると定員さんがレシートなど
出玉を計測した結果をくれるので、

そこに書かれている玉数が、
今回自分が出した玉数になります。

等価交換であれば
大当たりするまでに使った玉数より、

ここで流した玉数の方が
多ければ勝ちになりますね。

レシートを受け取ったら
景品カウンターと呼ばれる、
きれいなお姉さん??のいる場所に向かいます。

すると定員さんが

『大景品〇枚、中継品〇枚、小景品〇枚~』

みたいなことを言うので、
ハイハイ返事をして交換してもらいます。

あまり玉でお菓子が取れる場合もあるので
欲しいものを伝えないと、
近くの不味いお菓子しかもらえません

★いよいよお金に交換します!

特殊景品と呼ばれる景品を受け取ったら
景品交換所へ向かいます。

都会なんかはどこに交換所があるのか
分かりにくかったりもするから、
心配であれば店員さんに確認しましょう。

景品交換所に着いたら、
景品を入れるための場所があるから、
そこに景品を置くと勝手に調べて
お金をポンと出してくれます。

結構無愛想だから、
最初はびっくりするかも

ちゃんとお金があるかどうか確認して、
終了ですね。

以上がパチンコの遊戯方法から
現金交換までを示した流れになります。

具体的に書いてみましたが
足りない部分は実践で学んでください。

パチンコを打ったことのある人だと
当たり前に感じることも、

初めての人にとっては
未知の世界です。

パチンコはやり方さえ間違えなければ
効率的にお金を生み出す手段になります。

逆に知識を身に付けず、
楽して勝てると思い続けるだけでは
いつまでたっても勝てるようにはなりません。

せっかくなら勝って楽しい人生を送るために
きちんと基礎を身に付けてくださいね!

↓正攻法じゃないネタ打ち・攻略打ちも紹介してるので興味があればみてください↓

ネタ・攻略打ちを特集

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。