ライター来店取材

「ライター来店取材」は勝てる!?

前回、タレントに高額ギャラが支払われる「芸能人来店イベント」はあまり勝ちが期待できないという話をしました。では、「○○来店!」と謳われたイベントは軒並み避けたほうが良いかと言うとそうでもなく、むしろ積極的に狙ったほうが良い来店イベントもあるのです。それが「ライター来店取材」。

行きつけのホールに「△月×日○○さん実戦取材!」とポスターが貼られているけど「誰だよコイツ?」「こんなたけし軍団でも拒否するだろう珍妙な芸名のヤツ見たことも聞いたこともないよ!!」って人を見かけたことはありませんか?

どうやら芸能人ではなさそうだけど海のものとも山のものともわからない怪しげな存在。そう、それがいわゆる「パチンコ・パチスロライター」!!
主に、パチンコ・パチスロ雑誌での執筆や、CSのパチンコチャンネルへの出演を生業としている、言わばパチンコ・パチスロに特化したタレントとでも言いましょうか

実はこのライターによる来店取材イベントは3~4年前くらいから急激に数が増えていて、パチンコ業界ではちょっとしたブームになっているのです。そんなライター来店取材日は、芸能人の来店と違って勝ちやすいのか。その理由はライター来店取材が増えたキッカケにアリ!!

「7の付く日は激アツデー」「金曜日は『牙狼』がアツイ!!」といった、特定の日や機種を煽るイベント広告をうつことが、数年前より大人の事情でNGとなってしまった

まぁ、そういうことなんだと納得して頂けると幸いです。鵜呑みで構いません。こういった欲望の中枢神経めがけて煽って煽って煽り抜くスタイルこそパチンコの醍醐味、と個人的には思っているのですが、大人の世界は「射幸心を煽る」ようなポスター及びDMはアウトなんです(涙)。

当然、ホールにとって広告は超重要な集客ツール。しかし、前述の理由から「ヤル気」すなわち「玉」を出す日のイベント広告がNGに。OKな広告と言えば「新台入替」くらいのもので、これだけでは集客効果はもちろん不十分……。そこで白羽の矢が立ったのが「ライター」というわけなのです。

芸能人に比べて格段にギャラが安いライターを呼び、それを利用して広告を出そう!! というのが一番の目的。「芸能人来店」がタレントそのものによる『集客効果』を期待するものであるのに比べて、「ライター来店取材」は『安い費用でホール広告を打つこと』を目的としている点が根本的に違うので、勝ちやすさにも差が生まれるのです。低コストの分、還元できますしね。

ライターにも芸能人同様にランクがあり、人によってギャラは異なります。とはいえ、諸々の経費を含めても数十万あれば来店イベントは開催可能。芸能人来店や新台入替より圧倒的に低コストで広告をうつことができるため、重宝するホールが増えているのです。

しかもこの「ライター来店取材」、実は特定の日付や曜日に開催していることが多々あるんです!! ハッキリとアツイ日や曜日を告知することはNGですが、ライターを呼ぶことでそういった勝ちやすい日を暗に示唆しているホールが結構多いんですね~。ぶっちゃけ、限りなくグレーな行為なんですけどね……(汗)。もし、ライター来店取材日のみ異様に客が増えるホールがあれば、確実に狙い目です!! だって、間違いなくそういう意図でライターを呼んでいますもん。有休を取って朝から並ぶ価値は大いにアリ!!

当然、全てのライター来店取材にあてはまるわけではないので、絶対勝てるという保証はありませんが、ものは試し。お近くのホールにライターが来店取材することがあれば一度覗きに行ってみて下さい。同じパチンコ&パチスロ好きですし、おおむね気さくで親切なライターが多いので、話しかけてみると「今日は当たりなのかハズレなのか」「どの台が狙い目になりそうか」といったオイシイ情報をほんのり教えてくれることもあるかも……。

もちろんライターはホールの内部情報までは聞かされませんし、あくまでライター個人の経験と勘による判断なんで、鵜呑みにしすぎるのは要注意ですけどね。まれに芸能人気取りの高飛車ライターもいますが、そういうヤツの来店取材はどうせ出ないんで二度と行かなくてOKです

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。