CR水戸校門3 実践日記

通常時

ヘソのサイズは少し開け

強めに打ちステージからの乗り上げも多く(ステージ性能優秀)

1k=27.2

アタッカー止め打ち

6発まで打ち出し

7発目打ち出しそのまま続けて8発目を屋根に当ててオーバー入賞を狙うと(止めて8.9を打つと玉の勢いが弱くなって入賞率が下がりました 個体差もあるので打ち方を変えるといいです)

実践上オーバー入賞率53%

パカパカ

パカパカは4R終わったら即6回開くので4Rは止め打ちしないで6回開くまで打ちっぱなし推奨です。余分に7発~10発ぐらいは入ってくれます

電サポ

右はフラット調整でした

打ちっぱなしで1回転サポ増えが5.5玉(リーチ時は止めてるのみ)

残り保留での当たりに注意

電サポ終了後の残り電チュー保留が最大数十分という長い時間を掛けて消化される

よって、電サポ終了後即ヤメ台は誰も座っていないのに当たるという事態も起こりうる

下記画面が出れば残り電チュー保留で大当りを引いた状態が確定し約1分後に当たりが告知されるので打ち出しを停止して大当たりを待ちましょう。

また、ガンツと違い初当たり確率も高いので、大当たり終了後の約40回に1回は残り電チュー保留での当たりが起こる。

対策としては「待つ」か、たまにしか起こらない事なので「諦める」しかないでしょう。

ハズレ保留の最大消化時間が10分、当たり時の消火時間が1分なので、電チュー保留が4個残っていたうちの最後の1個で当たっていたとしたら10分×3+1分の「最大で」電サポ終了から31分後に当たる計算

新台の中では釘調整されなければ中々いい数値でますよ

データ

1k=27

1R=151.3(平均化していない)

↓正攻法じゃないネタ打ち・攻略打ちも紹介してるので興味があればみてください↓

ネタ・攻略打ちを特集

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。