アタッカーの玉増やしの意識

ここ最近お店がうるさくなって玉増やし等で稼げる店は少なくなってきましたが、まだ出来るお店はあります。

玉増やしを容認してくれる店には勿論、プロの方もいらっしゃいます。

そのプロを見ていてたまに思うことはもったいないなーって少し思っちゃうんですよね。

何故もったいないか・・・玉増やしの意識が遠のいてるからですかね。

アタッカー編

右にアタッカーがあれば捻り打ちしてる人は多いけどしっかり理解してやってる人は少ない気がします。

アタッカーの捻り打ちは玉を多く取るためにやる行為です

それなのにオーバー入賞をできない捻り方をしたりするとうーんってなります。

自分のミスで捻るタイミングが遅かった・当てれたいポイントに当てれなかったとかならいいのですが何となく捻ってる人を見ると対して効果ないんですよねー

オーバー入賞の失敗例

  • 玉がくっつくようにして左に玉が飛ぶ
  • 捻るタイミングが遅すぎて玉が離れてしっかり捻れてない
  • 玉がくっつき過ぎて暴れる

玉が左に飛ぶのを改善方法は

バネでどうしても飛ぶ場合以外は弱玉のポイントをしっかりみて飛ばせてるかを確認するアタッカーだけ見てる人いますが飛んでしまった玉は変わらないので上の屋根を見ると自分が飛ばせてるかしっかり確認できるのでそこで微調整する。

左に飛んだのに感覚で調整しない人たまに見ますけどヘソに入っていつか通常転落したりして悲しいことが起きます。

捻るタイミングが遅すぎて玉が離れる

サンセイ・ニューギン・タカオ辺りで起こりやすい現象ですよね

一発目の玉を確認して捻ると間に合わなかったり

早く捻ると最初の玉が強打ちになったりしやすいメーカーです。

対策はこれもアタッカーじゃなく屋根を見て打ち出すことです。

自分は弱玉が飛んだのを見た後捻るイメージですね(飛ぶのを確認屋根には到着してない状態で捻る)

これは自分も最初できてませんでした。

一発目の玉を飛ばした時点ですぐ捻らないといけないのが少し難しいところコレになれると他の機種で最初は違和感ありますが・・・対策というより慣れの部類になってしまいます。

玉がくっつきすぎて暴れる

引っ付けるのがうまくなってくると起きる現象なのですが、引っ付き過ぎて釘で暴れる(牙狼魔界)とかでよくありました。

釘のせいで暴れるで片づけられることが多いのですが実はこれも技術介入で防げたりします。

玉が暴れる原因は二発目の玉の勢いが強いからなんです

二発目の玉を強打ちではなく中のイメージで少し弱めに打ち出すとはじくことが少なくなり入賞アップします。

自分も釘のせいにしてましたがうまい方の打ち方を見てなんでこんなに奇麗なのかを試行錯誤したら実は二発目の玉の意識が足りなかったことに気が付いた時はまだまだニワカだなっと思いましたね。

総括

パチンコの面白いところは止め打ちで成長出来たり玉が増えたり攻略を見つけることだと思ってるので

ちゃんとできてない人は今の玉が無駄球になってる可能性があるので無駄球打つぐらいなら練習してみたほうがいいと思います。

意外に1玉を調節するのって難しいし腱鞘炎みたいになったこともありますが、完成して出来た時超気持ちいですよ

↓正攻法じゃないネタ打ち・攻略打ちも紹介してるので興味があればみてください↓

ネタ・攻略打ちを特集

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。